黒い虹と気球

小説や漫画の本中心に感想を書きます (本によって発売直後に感想を書いている場合があります。ネタバレなどにはご注意ください)

『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』: 感想

f:id:galileo8:20161121023435j:image

 

Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ) https://www.amazon.co.jp/dp/4863893469/ref=cm_sw_r_cp_api_e0Dmyb40RKTCQ

 

Harry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition): Parts I & II: The Official Script Book of the Original West End Production https://www.amazon.co.jp/dp/0751565350/ref=cm_sw_r_cp_api_G0Dmyb806J8Y0

↑Amazomだと英語版も手に入るようです

 

 

※若干ネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。

 

 

(あらすじ)

8番目の物語。19年後。

ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。
ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説" という重圧と戦わなければなりません。 過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

闇はときとして思いがけないところから現れるのです。

(Amazon 内容紹介 より抜粋)

 

これは小説ではなく、脚本です。セリフの上には登場人物の名前が書かれており、ほとんどが会話文で構成されています。

 

正直この本を読むべきかどうかかなり迷っていました。というのもブログ主、ハリー・ポッターシリーズは小学生の頃にハマりにハマって(映画の方ですが)、賢者の石とアズカバンの囚人はDVDが擦り切れるぐらい観て育った人なので、この話は7話で綺麗に終わらせたから良いのだと思っていたんです。

けれどこの本の帯に「8番目の物語」なんて書いてあるじゃないですか。あの世界にもう一度入ってみたかったんです、、

 

読んでて思ったのがファンサービスが多いです。ブログ主の好きな『アズカバンの囚人』でも大きな鍵となった「逆転時計(タイムターナー)」が本書でも登場します。

その他にも過去に死んだはずのセドリック・ディゴリーなど、かつての主要キャラも再登場します。

 

『死の秘宝』を読み終えたのが随分昔でハリーたちがどんなキャラだったか思い出すのに時間がかかったんですが、ドラコの更生ぶりに驚かされました。一人息子のスコーピウスを思い、時にはハリーたちと協力して事件を解決しようとする場面は読んでて泣きそうになりました。

 

もっと嬉しかったのがスネイプ先生です。

やっぱり根は良い人だったんだなと改めて思いました(これ読むまでまだ半信半疑だった自分が憎い笑)。

 

そして本題の内容なのですが、

そうですね、読んでる時は「ハリーにまた会えた!」と興奮しまくっていたんですが、過去の話を掘り下げる(逆転時計を使う)場面が多かったり、その整合性に少し無理があるかなと思う箇所も目立ちました(世界線の問題はどうなってるんだ?とも)。

ただ、ハリポタファンであるブログ主一個人の意見としては「面白かった」「楽しませてもらった」と言いたい。確かに「アズカバンの囚人」のような最初から仕組まれた巧妙な辻褄はなかったものの、これはこれで自信を持って「8番目の物語」と言えると思いました。

 

基本的にこの話は今までハリー・ポッターシリーズを楽しんで下さった方へのプレゼントのような話なんだなと感じました。八番目の物語と銘打たれていますがハリー・ポッターの話で必要不可欠な重要な話だというわけではなく、「ハリー・ポッターを初めて読んでいた時の楽しさをもう一度味わいたい」という方におすすめできる作品です。

 

元々この話は舞台用に書かれた脚本であって、実際に舞台も上演されたらしいのですが、是非ブログ主も観てみたいと思いました。色々場面が変わり、場所も人も変わるので物凄く豪華で大変そう、、

 

(追記)

そういや映画の方でもハリーポッター世界の続編(?)、過去編である『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』が11/23から公開されるそうです。舞台はイギリスからニューヨークへ、逃げ出した魔法生物たちを捕まえる旅に出かける!ブログ主は残念ながら観に行く予定はないですが、とても面白そうな映画なので是非に!

https://youtu.be/qPNnKsoqRI4